展覧会情報

第Ⅱ期コレクション展「原風景を求めて」

場所豊橋市美術博物館

2019年05月25日(土)~07月07日(日)
原風景とは原初の体験に基づく風景、あるいはそれらが心の内で育まれて形作る心象風景といえるでしょう。
画家が風景を描くとき、そうした原初のイメージがどこかに影響を及ぼしている場合があります。
また、画家が未知の風景に憧れて異郷の地を巡るなかで、心惹かれる風景と出会い、憑かれたように描き続ける時期がありますが、それもひとつの鮮烈な原体験であり、作家の画業のなかで看過できない原風景となるのです。

さまざまな風景画をご覧いただきます。懐かしい景色だけでなく、まだ見ぬ異国風景や作家の心象風景に、皆様の内なる原風景を探ってみてください。

中村正義の作品は「陽」(1963年頃)が展示されます。

2019年05月25日(土)~07月07日(日)
このページの先頭へ