展覧会情報

びはく移動展I こわい絵in HONJIN

場所二川宿本陣資料館

2022年07月02日(土)~08月28日(日)
平成25年の夏に豊橋市美術博物館で開催したコレクション展「こわい絵」には、約1万3千人が「こわい」体験を求めて来場しました。コレクション展としては異例の反響でしたが、同展出品作は必ずしも幽霊や妖怪を主題にしたものではありませんでした。なぜ怖くみえるのか?怖い表現をまとう理由な何故なのか?あえて「こわさ」から作品をよみとくことで、作者の意図や秘められた物語に迫り、深く鑑賞する好機となりました。
 このたびの改修工事休館中、コレクションを二川宿本陣資料館で紹介する「びはく移動展」を開催するにあたり、夏休み企画としてふたたび「こわい絵」に焦点を当てます。妖物を描いた「百種怪談妖怪双六」などの近世資料からシュールな近代絵画、さらには怨霊や鬼神であることを表象する能面までさまざまなこわい造形を集めてご覧いただきます。この夏、えりすぐりの「こわい絵」たちが百鬼夜行のごとく本陣資料館へ出張し、同館を異世界へと変貌させることでしょう。
同時期に開催される夏休み本陣体験「本陣のおばけ屋敷」とともに、ひと夏の冒険を楽しんでいただく機会となれば幸いです。

中村正義の作品は「うしろの人」「舞妓」「おそれA」が展示されます。

▼怖い絵リスト



2022年07月02日(土)~08月28日(日)
観 覧 料:一般400円(320円)、小中高生100円(80円)、市内在住の70歳以上100(80)円
休館:月曜日休館
ただし、7月18日(月・祝)開館、19日(火)休館、8月15日(月)は開館いたします。

このページの先頭へ